• 友だち追加

釈阿理のひとり言

11月07日は立冬。ココロとカラダも冬支度!

2021年11月09日

11月07日は二十四節季の立冬に当たります。12月22日の冬至(一年で日中の長さが一番短い日)に向けて、陰の気がいよいよ旺盛になってゆく時期です。十二支で言うと11月は亥の月。乾の金気を帯びて物事が完成を見て収束に向かいます。

 
私たちのカラダは季節や環境の変化に合わせ、恒常性を保てるよう色々と調節してくれています。自然界の陰気が旺盛になるこれからの時期は、カラダの陽気が傷付けられやすいもの。気や血液の巡りが停滞気味となり、腎の不調や冷え、疼痛などの症状となって現れます。カラダはこれに対抗し、身を固くして皮膚や毛穴を閉じ、保温に努めて乾燥から守ろうとします。
精神面でも日中が短くなり夜の時間が長くなることから、知らず知らずに閉塞的、陰鬱な方へと考えが進みがちになるものです。

【この時期を快適に健康に過ごすポイントは?】
・先ず身体を冷やさないように温めること。低温は生き物に取って命に関わる大敵です。
・滞りがちな巡りをサポートしましょう。
・何事も意識してポジティブな方向に考え、長い夜を楽しむ事を見つけましょう。

カラダは内向きに閉じて強ばりがちになります。家の中でも軽い体操をしたり、ストレッチをしたり、お天気が良ければお散歩に出掛けたりetc. 身体を動かして陽気を生じ、巡りを促します。暖かいお風呂、暖かい飲み物、シナモンや生姜を摂るのも良いですね。
昭和の時代には、冬になると炬燵に入って編み物などを楽しみました。早く仕上げたくて毎晩遅くまで必死に編み針を動かしたのは、夜長大歓迎の大きな楽しみの一つだったのかも知れませんね。

【釈阿理のお勧め!超簡単冬の暖まりティーをご紹介】
350~500ml程度のマグポットにごく普通の紅茶のティーバックを一つとスライスした生姜を2~3枚を入れます。熱湯を注いできっちりと蓋を閉め、10~15分置いてください。熱々の香り豊かなジンジャーティーが出来上がります。成分が沈下しているので開栓前に軽く振るのがお勧め。温めたカップに注いだら、シナモンパウダーを一つまみ。そのままでもミルクとお砂糖を入れても美味しく頂けます。カラダもココロも暖まりますよ~。

これから本格的に気温が下がってきます。体調を崩さないようにお大事にお過ごしくださいませ。
釈阿理 合掌
 


LINE公式アカウントお友達登録もお待ちしています
友だち追加