• 友だち追加

釈阿理のひとり言

気学が解ると人間関係で悩まない?(種明かし編)

2021年04月30日

職場に新たに入ってきた嫌~な後輩。仕事を辞めようかと悩むほど苦しんでいたのに、生年月日を聞き出し気学でパーソナリティー分析をすると、あら不思議!嫌~な後輩があまり気にならなくなり、仕事も従来通り続けられるようになったと言う実例です。その種明かしをしましょう。

 
生年月日から分析した相手のパーソナリティーが、実際の相手の行動や性質と合致していると、自分自身が心理的に優位に立つことが出来るのです。なぜならば自分自身が嫌だと思う相手の行動の原因が『生まれ持った性質である』=『自分に対して悪意で嫌がらせをしている訳ではない』と理解します。悪意でないことが腑に落ちると『生来の性質だから仕方無い』と許容することが出来るようになります。『生まれつきでは言っても直るわけはない』と諦めて嫌な部分を注視するのを止め、対策を講じると言ったスタンスに変わって行きます。

人間関係のバランスは、相手を冷静に分析して対処出来た人の勝ち!と言うお話でした。メデタシ!メデタシ!
 


LINE公式アカウントお友達登録もお待ちしています
友だち追加